現場日記

 バリアフリー

バリアフリーについて、先日、ある方のお宅にて、床をやりかえました。
床のバリアフリー化に伴い、勝手口の土間と床の仕切りの高さが以前より大きくなり、床同士の段差は減りましたが、他の部分で段差が大きくなってしまいました。
したがって、勝手口の土間と床の段差は以前より10センチほど増え、30センチを超えるものとなり、
手摺と敷台を新たに設置する事となりました。
床のバリアフリー化と言っても、他の取り合いの事に留意しなければならないと、改めて思った次第です。

荒木

問い合わせ
このページのTOPへ