現場日記

 外壁の補修

外壁塗装工事において、通常、既存外壁塗膜の上に新たに塗装を施すのですが、
水分の吸上げ等により、既存塗膜の劣化が激しく、脆弱な場合は
塗膜をめくり左官下地補修をして、下塗り、パターン復旧の上塗装する場合があります。
先日塗装工事をした後に、表面の仕上がりがあまり上手くいかなかったので、
カチオン(樹脂モルタル)で補修の上、更にパターン復旧し仕上げを行った現場がありました。
外壁は防水性のみならず、美観をよくする必要も求められるので、注意しなければなりません。

荒木

問い合わせ
このページのTOPへ