スタッフブログ

 お水取り

「お水取り」が済むと春が来る。
関西では昔から言い伝わる言葉ですね。
毎年冬場にかわす言葉です、「今年は寒い」。
しかし本当に「今年は寒かった」ように思います。
なら東大寺、二月堂の「お水取り」はもうすぐです。
春はもう直ぐです。
今年は3月1日から3月14日まで「お松明」が行われます。
「お水取り」は3月12日(木)です。
マスコミで私達が目にする光景は、この3月12日の映像です。
「お松明」の火の粉を浴びると1年間の無病息災につながると言われており、
大勢の見学者で大変な賑わいは毎年の光景です。
今年も同様の映像がテレビから流れる事でしょう。
「お松明」の燃えカスもまた無病息災になるとのこと「お守り」として見学に行けなかった方へのオミヤゲにすると良いようです。
また、持って帰り神棚等においておくのも良いようです。
3月12日「お水取り」は、大変な混雑が予想されます。
12日以外は比較的人出は少なく、楽な見学も可能なようです。
無病息災を期待してお出掛けになりますか?

深野

問い合わせ
このページのTOPへ