スタッフブログ

 冬至について

今年も残りわずかになり、気ぜわしくなってきました。
寒い日と暖かい日が入れ替わりあり、体調をくずされた方も多いのでは?

今年の冬至(12月22日)も過ぎてしまいましたが、我が家では毎年ゆず湯につかります。
今年はそれにプラスかぼちゃも頂きました。

これで風邪をひかずに過ごせたらいいですが…

<柚子湯>
柚子(ゆず)=「融通」きく、冬至=「湯治」
こうした語呂合わせから柚子湯に入ると言われていますが、もともとは運を呼び込む前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。
大切な儀式の前に入浴する風習があります。

冬至とははまず、日照時間がもっとも短い日

<なぜ、かぼちゃ?>
冬至に「ん」の付くものを食べると「運」が呼び込めると言われています。
にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかんなど「運もり」ともいわれてます。
また、かぼちゃ 南京(なんきん)「ん」がつきます。
ビタミンAやカロチンが豊富。風邪、中風(脳血管疾患)予防に効果的です。
本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから冬に栄養をとるため賢人の知恵でもあるようです。

色々あるようですが、きりがないのでこのへんで。。。

来年もよろしくお願いします。

問い合わせ
このページのTOPへ