スタッフブログ
  • HOME
  • >
  • 椎葉工務店ブログ
  • >
  • スタッフブログ
  • >
  • 田伐のMy Blog
  • >
  • 「舟運復活!淀川歴史探訪の旅」
  •  「舟運復活!淀川歴史探訪の旅」

    江戸時代、枚方は京街道(東海道)の56番目の宿場町として栄えました。
    淀川を往来する三十石船の中継港として大いに賑わっていました。
    その舟運復活のイベントとして、春に3日間・秋に8日間運航。
    4月27日、お天気に恵まれここちよい春風の中、久しぶりに着物を着て
    お友達と出かけました。

    コースは、枚方公園から天満橋の八軒家浜の船着場まで。
    船の中では、淀川の歴史の話や「三十石船唄」とお弁当。
    航路途中にある「毛馬閘門」は大川(旧淀川)と淀川本川との境で
    水位差を調整するところです。パナマ運河の閘門と同じ仕掛けを体験してきました。

    普段、淀川は堤防の上を走る道路からしか見ていませんが、
    川面から沿岸の街並みを眺めるという新鮮な感覚を味わってきました。
    また、ガイドさんの話で、心に残ったのは、心無い人が川にペットで飼っていた
    生き物や水草を捨てることにより、自然の生態系が大きく変わり、悪影響を
    作るということと、それを元に戻すために莫大な税金が使われるということを
    聞きました。
    淀川の恩恵に感謝しながら、美しい景観を、一市民として守っていきたいと
    感じた一日でした。
                                             

     TAGIRI

    問い合わせ
    このページのTOPへ