外壁

地震の影響で外壁のひびや、ここ最近の大雨とで雨漏れの調査依頼を多くいただいております。
先日も地震で外壁にひびが入っているので見て欲しいと依頼を頂きました。

お伺いしてみると、写真でみていただくと分かりやすと思うのですが、かなり大きなひびが入っていました。
施工時にモルタルが乗りやすくするラス(針金をダイヤ状に編んだようなもの)が、ひびの奥に見えていて、これはよくない状況です。

職人もいつ入れるか日程が読めなく、梅雨で雨の日も多いので、応急処置ではあるのですがシール材を充填いたしました。
長さも結構あり、高い位置にあったのですが、幸い車に積んでいるはしごが届く範囲だったのでその場でひびを埋めました。

この状態でずっと放置しておくと壁が浮いきて、剥がれ落ちることがありますし、雨漏れの原因にもなります。

他にも小さいひびは出来ているのですが、外壁の全体塗装を今までまったくされていなかったので

この際することとなりました。
そうすると足場を組むことになるので、家全体のひびの確認とその補修も足場があるとしっかり補修が出来るのでお家を長持ちさせることに繋がります。

屋根の葺き替え、瓦の棟修理なども沢山ご契約をいただいているのですが、
時期が同時期なので、施工日がまだ先になるのと、確実に工事日がいつなのかお伝えできないのが自分ではもどかしいです。

お施主様にはご迷惑お掛けして大変申し訳なく思っております。

安井

トラックバック

https://shiiba-komuten.jp/blog/yasui/10686/trackback/

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

このページの先頭へ