外装・屋根のリフォーム

記事アイコン 部位別リフォーム:外装・屋根のリフォーム

思いを形に

一級技能士による施工です。ご安心下さい。

現状の痛みはないか
塗装の前に補修点検

時にモルタルで仕上げられた外壁は、現状の痛みを細かく見て、補修をしてから塗装しなければ、せっかくの塗膜がすぐにはく離したりします。

image

好みのイメージは具体的になっているか
イメージをお伝えください

塗り替え時に、「明るい」とか「落ち着いた」などの具体的なイメージを持っておられるかがポイントとなります。心の中にあるイメージをなるべく鮮明にお伝えいただくことによって、塗装する色が決まりやすくなります。

外壁にあった塗料を選んでいるか
外壁にもいろいろあります

一口に外壁といっても、モルタル仕上げ、サイディング仕上げなどがあり、また、モルタル仕上げの中でも塗装・無塗装仕上げがあります。さらに塗装仕上げでも、ボンタイル塗装や、エアルジョンなどがあり、現状の外壁により選ぶ塗料・仕上げも様々です。

屋根リフォームのポイント
屋根こそ定期的な点検を!

常に太陽の光や雨風にさらされている屋根は家の命とも言うことができます。ですので、屋根こそ定期的な点検をおススメしております。家を建ててから10年以上経ったけども、何の補修もされていらっしゃらないお客様は、ぜひ一度ご相談ください。早めの対処をしてあげれば、長い目で見れば補修の費用を抑えることができ、家の寿命を伸ばすこともできます。

一級屋根診断士の技術とキャリア

image

椎葉工務店では、一級屋根診断士が直接ご自宅にお伺いし、技術的なアドバイスをさせていただきます。注意すべき点は、雨もれを止めることができない業者もいるという現実です。雨の道が、どこからどこへ通っているのか発見できるのは、やはり熟練した診断士の技術とキャリアが必要となります。屋根の工事は専門家である一級屋根診断士のいる椎葉工務店に任せて安心です!

一度、屋根診断されてみてはいかがでしょうか?

枚方市、寝屋川市、交野市、高槻市、京田辺市、八幡市、大阪市(一部)にて無料診断を承っております。
お客様の家がエリア内かどうかご不明な場合は、ご連絡ください。

屋根材の取り換えはどのくらいが目安ですか?

材料により差はありますが、10年~15年くらい経てば割れやずれなどが起きやすくなります。
ですから、それくらいの時期に屋根の葺き替えをご検討されることをおススメします。
また、状況によっては、下地の貼り替えも必要になる場合があります。
下地がしっかりしている場合は、現状の屋根材の上から重ね葺きできる屋根材もあります。

外壁のチェックポイント

『家検』車に車検があるように、お家を診断!

資格を持った建築士が11項目70個所ものチェックを行い、家の状態を報告書にてお渡しする、家の診断『家検』

●安心して住み続けたい方へ!・・・今お住いの家の傷み具合(劣化の有無)が気になるようでしたら、検査をしてみませんか?

 

中古住宅を購入検討の方は、購入前に物件のコンディションを事前に把握して頂くことも出来ます!!

問い合わせ
このページのTOPへ