エコ家・スマートハウス

HOME > リフォームポイント > エコ家・スマートハウス

はじめようスマートライフ

記事アイコン スマートハウスって何?

基本は3点セット

「スマートハウス」とは、IT(情報技術)を使って家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅の事。
具体的には「太陽光発電システム」や「燃料電池」など、電気をつくり出す「創エネ設備」、蓄電池などの「畜エネ設備」、それらをコントロールして見える化する「HEMS(ヘムス:ホーム・エネルギー・メネージメント・システム)」の3点セットが装備されています。

省エネ性能も必須

3点セットに加え「スマートハウス」では、まず住宅そのものがエネルギーの無駄を省く「省エネ」を考えた家であることが基本です。断熱材や断熱サッシで高断熱化を図ることはもちろん、自然風や太陽光といった自然の力を活用するデザインを取り入れたり、省エネ性能の高い設備を採用したり、エネルギーを無駄にしないことも重要です。

記事アイコン スマートハウスのメリット

1.おトクな「太陽光発電システム」

家庭で電気を作るから当然電気代は下がりますし、買い取り制度により、使わずに余った電力を売電して収入が得られます。断熱性の高い住まいで節電に努めれば、売電による収入が電力会社への支払額を上回るケースも。また、補助金制度などの活用で実質的な負担も軽減できます。

2.「HEMS」&「蓄電池」で省エネ

「HEMS」の使用電力の「見える化」や自動制御などで無駄なく省エネ。また、家庭用蓄電池」に電気を貯めておけば、昼間は「太陽光発電」で発電した電力を使用し、余剰電力を売電。夜間は安い電気を蓄電、それを電気代の高い昼間に使う事で、売電量を増やせます。また、災害などで停電になった時でも安心です。

2.「健康・快適」な暮らし

住まいの基本性能が高いから、一年を通して快適な室内環境をつくります。人や環境にやさしく、健康で快適な毎日を過ごすことができます。

スマートハウスの仕組み

循環

問い合わせ
このページのTOPへ