新鮮な気持ちで新しい年を迎える、、、来年も工事をよろしくお願いいたします。

平成最後の年末です。あっという間の多忙な一年でした。

今年は、6月の地震・9月の台風で大変な被害に遭われた方が多くいらっしゃいました。
心よりお見舞い申し上げます。

弊社へのお問い合わせも多く、出来る限り迅速にと思いながらも
職人さんと材料の手配がままならず、ご迷惑をおかけしておりました。

来年も引き続き工事よろしくお願いします。

12月に神戸ファッション美術館で、『GOOD DESIGN  AWARD  神戸展』 がありました。
休日に見学に行きました。

たくさんの受賞作品を見て、感銘を受けてきました。

皆さんもどこかでこのマーク ご覧になったことがありませんか?

グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。
企業・個人・組織などから応募される、年間1000件以上の作品から、「グッドデザイン・ベスト100」が選出されます。
この展示会でその作品たちを見てきました。

2018年のグッドデザイン大賞

「おてらおやつクラブ」・・・貧困問題解決に向けてのお寺の活動

2018年のグッドデザイン金賞

「クイックフリー(YKK )」 ・・・・着脱が容易なファスナー
「ポータブルX線撮影装置」・・・持ち運び可能なX線撮影器具
「フードハブ・プロジェクト」・・・農業と食文化の地域内循環システム
「逃げトレ」・・・・・・・・・・・・・・・津波避難訓練アプリ
「一人称童話シリーズ」・・・・・昔話の桃太郎の物語を桃太郎の視点から描いた作品

他 14作品

私が特に気に入った作品は、

 1.Panasonic 「リショーネPlus XPN-SI0601」
介護ベッドの半分がそのまま車椅子になる作品です。
介護の重労働や人出不足から少しでも解放されるようにと考えられた作品。
もちろん、介護される人も自分ひとりで、寝た姿勢から、着座姿勢(車椅子)に
移れるので、ストレスもなく自由度も増します。

2.「ループケア」
洋服仕立て直しサービス 着なくなった洋服を切って傘にリメイクするプロジェクト
お気に入りの物をいつまでも大切にそばに置きたいという発想から生まれました。

 3.「町営住宅河和第二団地」
木のぬくもりで若者を呼び込む、新しい町営住宅。
愛知県の美浜町にできた、ゆったりとした環境の街。通路に面した縁側は交流の場
広々とした芝生の庭は、子供たちの遊び場、そんな空間がいっぱいある町営住宅。

他にも、書ききれないくらい素晴らしい作品がありました。
どの作品も自己中心的なお金もうけの目的で考えられたのではなく、
そこに集う人・それらを使う人へのおもいやり、そしてものや伝統を大切にしたい
という温かい心が含まれていました。

グッドデザインベスト100の作品から、学んだことを日々の仕事に生かしていきたいと思いました。
新鮮な気持ちで、新しい年を迎える準備ができました。

新しい年も、「一期一会」の気持ちで、お客様との出逢いを大切にして、ひとつひとつ丁寧に仕事をしていきたいと思っています。
来年もよろしくお願い申し上げます!!

体調管理に気をつけられ、よいお年をお迎えください。

田伐

トラックバック

https://shiiba-komuten.jp/blog/staff-blog/tagiri/12155/trackback/

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

このページの先頭へ