社長ブログ
  • HOME
  • >
  • 椎葉工務店ブログ
  • >
  • 安井社長のMy Blog
  • >
  • ガス発電・給湯暖房システムエコウィルが故障
  •  ガス発電・給湯暖房システムエコウィルが故障

    今回は八幡市の現場です。
    エコウィルという発電もする給湯暖房機が故障してしまったので、その現場のブログです。

    エコウィルって何?と知らない方も多いと思うのですが、大阪ガスさんの省エネになる商品でガスでエンジンを回して発電してその排気熱と冷却水の熱を利用してついでにお湯を作り、タンクに貯めてそのお湯を使うというものです。
    残念ながら今年の9月に生産が中止ということなので、こちらのお施主様はリンナイのハイブリッド給湯暖房システムのエコワンか普通の床暖房等も出来る給湯器か迷われてエコワンを選ばれました。エコワンの方が金額が高くなるのですが、やはり光熱費の下がり幅が大きいので、それが決め手となりました。
    因みにエネファームにする選択肢もあるのですが、高額でそこまでの機能も不要ということでエネファームは見送ることになりました。


    既存のエコウィルをバラして搬出しました。寝かしている状態。
    給湯器、タンク、エンジンで主に構成されてます。

    エコワンって何?てほとんどの方が知らないと思いますが、ガス機器メーカーのリンナイの商品で、エコキュートと給湯器が一つの機器になった省エネ商品なのです。
    今回故障したエコウィルも省エネ商品ですが、このエコワンの方が更に省エネになっていまして光熱費は下がります。
    細かく説明すると、エコワンは発電機能が無いので電気代は少し上がるのですが、ガス代が大きく下がります。
    光熱費が下がる仕組みがエコキュートなのです。
    ガス給湯器より効率よく少ないエネルギーでお湯を作れるので、お湯を作るということではエコキュートの方が優れています。
    基本的にはエコキュートが優先に作動して、タンクのお湯の部分が無くなっると、ガス給湯機が作動します。
    床暖房とか浴室暖房等はエコキュートでは能力不足なところがあるので、その時はガス給湯器が作動します。
    エコワンはエコキュート、給湯器の両方のいいところを使って、お互いのデメリットな部分をカバーしている商品と思っていただければ分かりやすいと思います。
    ですからガス器具を使わないってことであれば、エコキュートでオール電化が深夜の安い電気を使えるので光熱費が安くなるのですが、
    ガスを使う器具を使用されるのでしたら、このエコワンの方が光熱費が安くなるということになります。


    これが新しく設置するリンナイのハイブリッド給湯・暖房システムのECO ONE(エコワン)です。
    電気でお湯を作るヒートポンプ、ガスでお湯を作る給湯暖房機、作ったお湯を貯めるタンクで構成されてます。


    組み立てて設置した完成の状態です。

    各家庭で何がいいのか家族構成等で違ってきますし、何が一番いいのか予算のことも含めて考えますので、光熱費が高くて
    お悩みの方、何かお困りごとがある方、エコウィルをご使用で次は何にすればいいのか考えておられる方、御相談承りますので
    お気軽にご連絡ください。 

    安井

    問い合わせ
    このページのTOPへ